カテゴリー別

院長コラム

私はマラソンが趣味なのですが

走るときはいつも足袋を履いています

先日の横浜マラソンも足袋で走りました

 

無敵というランニング足袋で

アウトソールの厚さがわずか5mm

しかも柔らかい天然ゴムなので

数ある裸足系シューズの中でも

究極に裸足に近いと言って良いと思います

 

良く聞かれるのは

そんなんで走ってどこか痛めませんか?

という質問

 

確かに痛めることもあります

だけどそれは

自分の身体の使い方が悪いから

 

痛みはそれを教えてくれるものであり

衝撃吸収機能満載のシューズでは

まず得られない感覚です

 

逆に衝撃吸収機能が高いということは

衝撃から身を守っているつもりが

どんどん身体を退化させているってことですよね

 

日本は裸足の文化

だから履物といえば

足袋であり草履であったわけです

 

これは

ものを大切にする文化に根付いたものだと思います

 

ものを大切に扱うということは

自分の身体も丁寧に扱うということ

 

物資が限られていた島国日本では

これは当たり前の教育であり

躾だったのです

 

それに対して欧米の消費文化

壊れたら取り替えりゃいいや

の発想です

 

だからものも雑に扱う

だけど身は守りたいから

シューズの機能をどんどん付け足す

 

結果

身体の機能はどんどん役割を奪われ

裸足では走れない馬鹿な身体になる

 

しかも

ものにダメージを与えて使った分だけ

自分の身体にも同様のダメージが加わる

気付いたときには

 

もうポンコツですよ

それでも欧米人はまだ

デカイ骨格でカバーするから

まだ良いんです

 

これを日本人がやったら

どうなると思います?

 

ものを付け足して

機能を付け足して

自分以外のものに自分の役割を預けて

思考停止して

問題を先送りにする

 

これではいくら走っていても

まったく健康ではないですよね

 

何も付け足さない

本当の自分の身体が知りたい

自分の問題に気付きたい

 

そのためには私の場合

足袋が必要なんです

 

今回は長い独り言でした

最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

==========================

日吉の鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング

神奈川県横浜市港北区日吉2-8-3シティタカセ101

TEL:050-1516-2156

ホームページ:http://www.t1c.jp

facebook:http://www.facebook.com/t1conditioning1

口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2919224/

==========================

当院の施術はお腹を押します。

これは詰まった息を吹き返すためです。

つまり浅くなっている呼吸を深い呼吸に変えるため。

 

ではなぜ呼吸が浅くなり、お腹が硬くなるのか?

 

人間の身体には大きく分けて二種類の筋肉があります。

ひとつは身体を屈める筋肉。そしてもう一つは身体を伸ばす筋肉。

 

発生学的には身体を屈める筋肉の方が古く、優位になりやすいものです。

 

赤ちゃんは身体を屈めて生まれてきます。

発育していく過程で徐々に身体を伸ばすことを学習し、

寝返りが打てるようになり、

ハイハイができるようになり、

二足歩行ができるようになります。

 

つまり二足歩行は身体を伸ばす筋肉の完全なる発達により完成するのです。

 

問題はこの身体を屈める筋肉の方が本能に直結していて、

優位になりやすいということ。

人間は自分でも自覚のないまま

無意識のうちに身体を屈める姿勢に陥りやすいのです。

 

身を屈める姿勢というのは動物にとっては防御姿勢。

不安や恐怖などの感情があるとき、

私たちは身を屈めて守ろうとします。

感情は本能ですから。

 

この時一番守ろうとしているのがお腹。

お腹には構造的には内臓もありますし、

何より人間は自分の肚(本音)を

探り当てられることが不安なのです。

 

そこでお腹の筋肉を硬くし、

息を詰め、

歯を食いしばる。

 

これが姿勢の崩れの正体です。

本音と建前のある日本人は特に姿勢が悪いとも言われています。

 

お腹を押すことで、目に見えていない(下手すると本人も気づいていない)

不安や恐怖を、

詰まった息とともに吐き出してもらう。

 

これが当院の施術でお腹を押す理由です。

気が病むと書いて病気。我を怪しむと書いて怪我。

根本にあるのは不安や恐怖であることが多いものです。

 

==========================

日吉の鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング

神奈川県横浜市港北区日吉2-8-3シティタカセ101

TEL:050-1516-2156

ホームページ:http://www.t1c.jp

facebook:http://www.facebook.com/t1conditioning1

口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2919224/

==========================

 

 

 

 

皆さんは感情で動いていますか?それとも理性で動いていますか?

 

人間には頭脳がつくり出す理性と、心や肚がつくり出す感情があります。

そして人間が動く時、必ず理性か感情が元になっています。

 

ただし、人間というよりも動物が動く基本は「快か・不快か」。

つまり本能的な欲求が動物の動く基本になっています。

 

理性と感情。発生学的にみると、心や肚がつくり出す感情の方が古く、

頭脳がつくり出す理性や知性は比較的新しく、新参者です。

 

動物の動きをコントロールしているのは頭脳と思われがちですが、

まだまだ新参者の頭脳には誤認識も多いうえに、

どんなに頑張っても本能的欲求は理性や知性では抑えきれません。

 

つまり人間は感情で動きます。

理性や理屈は後づけ。言い訳としてあとから取ってつけられるものです。

 

生物の中にも頭脳を持たない生物は沢山いますが、

肚、つまり腸管を持たない生物は存在しません。

肚が減ったら、それを満たすために動くのが動物の基本です。

 

発生学的に古く、深い部分にあるのが本能的な感情。

新しく浅い部分にあるのが理性や知性です。

 

最近思うのは、 この「深い・浅い」は

呼吸の「深い・浅い」とリンクしているのではないか ということです。

 

つまり、知性や理性先行で頭を使いすぎていたり

考え過ぎていたりする時に呼吸は浅くなり、

逆に自分の感情や本能的な感覚は呼吸を深くしなければ

感じ取れないのではないかと。

 

現代人はどうしても知性や理性を先行させなければならない場面が多く、

呼吸が浅くなっているせいで

感情や本能が発しているサインを見落としてしまいがちです。

実は現代病の多くはここに問題があるような気がします。

 

年々新しい病気や原因不明の病気が増え続けているのも、

現代人の姿勢が悪く呼吸が浅いからではないでしょうか。

 

怒りたいときに怒り、泣きたいときに泣き、笑いたいときに笑う。

これができれば病気にはならないでしょう。

だけどこれができないのが人間社会。

 

この時、その感情を抑えつけようとしているのが理性。

知能の高い人間は理性ですべてをコントロールできるつもりでいますが、

残念ながら感情のエネルギーまでは抑えきれません。

 

感情は目に見えないエネルギーです。

その時解放できなかった感情は、エネルギー保存の法則に則り どこかに蓄積されます。

 

そのエネルギーの多くは、その人の弱い場所に溜まり

痛みなどの不具合となって表れます。

腰が弱ければ腰。膝ならば膝。胃腸ならば胃腸。

これらがいわゆる古傷や持病と呼ばれるものの正体です。

 

だからこれらの解消法は、息を吐き出すことなのです。

安息日、休息日、一息つく・・・。

とにかく溜まった息を吐き出すこと、息抜きをすること。

 

こんな時代だからこそ

「身体の声を聞け!」、「Don’t think feel!」

とかいう言葉がもてはやされますが、

これらも呼吸が浅いままでは成り立ちません。

 

正しい姿勢、深い呼吸があってこそ自分の感情・本性に気付けるし、

コントロールもできるのです。

 

そして、何か重要な判断に迫られたとき、本能からの決断が必要なとき、

必ず一呼吸置き、深い呼吸と正しい姿勢を心がけてください。

 

==========================

日吉の鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング

神奈川県横浜市港北区日吉2-8-3シティタカセ101

TEL:050-1516-2156

ホームページ:http://www.t1c.jp

facebook:http://www.facebook.com/t1conditioning1

口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2919224/

==========================

 

 

なかなか取れない痛みがあります。

正確に言うと、なかなか痛みが取れない人がいます。

 

痛みは原因があって出るもの。

原因となる問題が解決すれば、痛みはおさまるはずなのです。

ですが、痛みのおさまり方には個人差があります。

 

もともと痛みは、個人の経験や感じ方によって大きく変わるもので、

決して数値化は出来ません。

基本的に痛みの発生時には原因があっても、

その後の痛みの強弱や抱えている期間の長い・短いは、

個人の感覚によって変わります。

 

極論を言うと、痛みは個人の捉え方で強くも弱くも、

長くも短くもコントロールできるということです。

 

そうは言っても、痛みが強くなることや、

長引くことを望んでいるわけではないのに、

長く痛みを抱えている方がいらっしゃることは事実です。

 

ただ、ここで確認しておきたいのは、

本当にその方は回復を望んでいるのか?

ということです。

 

表向きには、「早く痛みから解放されたい」と言っていても、

実は心の奥底では、

「痛みを抱えている自分をもっといたわって欲しい」

的な願望をお持ちの方は、意外と多くおられます。

 

こうなると、この方は痛みへの依存を持っていることになります。

別の言い方をすれば、痛みが自分を構成する要素の一部になってしまっているのです。

 

よく慢性腰痛症の方を「腰痛持ち」と表現することがあります。

文字通り痛みを手放すことができず、身につけて持ち続けているんですね。

 

ここまで来ると、痛みの発生時の原因などとっくに無関係になっています。

この方の痛みを改善するには、自分の一部を捨てる覚悟で臨まなければなりません。

当然、簡単ではないですよね。

 

ただ、そういう方たちに多い共通項は、過去に何かしらのトラウマを抱えていたり、

それが元で未来への不安も大きくなっていることです。

 

そして、そのような心理状態は必ず呼吸に表れます。

不安により、「早く次の息を吸いたい」となり、

今の息を吐き切る前に次の息を吸ってしまう、

結果として呼吸が浅くなっているのです。

 

だからまず、痛みを抱えている人に必要なのは、

過去でも未来でもなく、「今」。

今の息を吐き出すこと。

 

シンプルだけど、痛みのコントロールには息遣いが一番重要です。

当院で一緒に体験しましょう!

 

==========================

日吉の鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング

神奈川県横浜市港北区日吉2-8-3シティタカセ101

TEL:050-1516-2156

ホームページ:http://www.t1c.jp

facebook:http://www.facebook.com/t1conditioning1

口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2919224/

==========================

 

 

肩こりや腰痛などの筋骨格系の問題、内臓や婦人科の問題、自律神経の問題など

身体に出る不具合には様々な問題がありますが

そのほとんどは、姿勢の崩れと呼吸の乱れが原因となっています。

 

姿勢の崩れときくと猫背や身体のねじれなど

背骨や骨盤の歪みからくるものとイメージできると思います。

そしてその歪みが身体に不具合を出すというのも何となく理解できますよね。

 

では呼吸はどうでしょう?

呼吸の乱れ、息遣いの乱れが肩こりや腰痛の原因になっているといわれて

納得できる人は少ないかもしれません。

 

実は姿勢と呼吸は相互にリンクする関係にあり

正しい姿勢がなければ正しい呼吸もできず

正しい呼吸がなければ正しい姿勢もとれないのです。

 

これらは

目に見える物質的な関係と

目に見えないエネルギー的な関係という

大きく分けて二つの観点から説明することができます。

 

まずわかりやすいのは目に見える物質的な関係。

呼吸は目では捉えにくいので、まず姿勢から説明すると

猫背やがに股など目に見える姿勢の崩れ。

 

人間が二足で立ち、動くためには

重心線上に身体を持っていく必要があります。

 

見た目に正しい姿勢とは、簡単に言うと

垂直の重心線からはみ出している部位が最小限な状態を指し

猫背やがに股など、重心線からはみ出している部位が多ければ多いほど

その人の姿勢は崩れていると言えます。

 

構造的に考えると

重心線から離れた部位には重力という負荷が余計にかかります。

姿勢を維持するためには余計な筋力を発揮し

負荷に抵抗しなければなりません。

 

人間の身体は

余計な力を使っている部位があれば

力を使わない部位をつくり全体のバランスを取ろうとします。

 

そこでつくられた使われなくなった部位が

実は姿勢を維持する上では重要な力であることも多いのです。

 

それが見た目上の姿勢が崩れた状態です。

 

===========================

つまり

必要な力が必要以下にしか使われず

不要な力が必要以上に使われている状態。

===========================

 

当然身体はバランスを崩し

肩こり腰痛など筋骨格系の問題を起こすのは当然のことながら

内臓も本来あるべきポジションからずれるため

身体のあらゆる機能も低下しやすくなります。

 

そして見た目上の姿勢で最も崩れやすい部位があります。

 

===========================

それが「胸郭」です。

===========================

 

胸郭とは背骨と肋骨、そして胸にある胸骨とでつくられたカゴです。

姿勢の崩れにより胸郭はつぶれ動きが制限されます。

胸郭の動きが制限を受ければ横隔膜もうまく働かず

呼吸も浅くなってきます。

 

逆に言うと

呼吸が浅くなることで胸郭が歪み

姿勢が崩れることもあります。

 

姿勢が崩れるから呼吸が乱れるのか?

呼吸が乱れるから姿勢が崩れるのか?

 

これは卵が先か鶏が先かの理屈同様

どちらかが先ではなく

どちらも相互にリンクして崩れるのです。

 

ではなぜ姿勢と呼吸は崩れるのか?

ここに目に見えないエネルギーが関わってきます。

 

人間も含め、動物が動く根本的な理由は何でしょう?

「快」か「不快」かです。

 

「快」があればそれを求めて動き

「不快」があればそれを避けて動きます。

動くための基本欲求といえます。

 

他の動物に比べて人間がややこしいのは

この快・不快に「感情」というシステムを上乗せしたところです。

 

===========================

喜怒哀楽。

実はこの感情という目に見えないエネルギーが

姿勢と呼吸を乱す原因になっています。

===========================

 

東洋医学では

感情が病気の内的要因である内因と捉えており

内因が肚にある五臓六腑を侵すと考えられています。

 

肚。つまりお腹。

実は感情の乱れが物質的にもお腹を硬くします。

 

例えば怒りや恐怖などのネガティブな感情があるとき

動物の持つ防御反応で筋肉は硬くなります。

この時もっとも硬くなるのがお腹。

本能的に腹を守ろうと硬くするのです。

 

そしてこのときの姿勢は

見事なまでに猫背になります。

更に呼吸も浅くなっています。

 

喜びの感情についても同様で

例えば大笑いしたとき腹を抱えますよね?

このときも腹が硬くなり姿勢は崩れ呼吸は浅くなっています。

 

===========================

つまり感情は肚に表れ

筋肉を硬くし

姿勢と呼吸を崩すのです。

===========================

 

逆に言うと

感情の起伏を少なくし平常心でいられれば

姿勢も呼吸も乱さずにいられるということです。

 

ただしそれは言うほど簡単なことではありませんよね。

というより不可能と言っても良いでしょう。

 

ではどうすればよいのか?

感情も生まれたその時に発散できれば良いのです。

 

つまり怒りたいと思った時に怒り

泣きたいと思った時に泣き

笑いたいと思った時に笑う。

 

これができれば感情は肚に溜まることなく発散できるのですが

現代社会ではこれが制限されてしまうことが多いですよね。

感情の赴くままに行動していたら

とてもじゃありませんが社会に適応できませんから。

 

そこで発散できなかった感情が肚に溜まるのです。

現代風に言うとこれを「ストレス」と呼びます。

 

===========================

そして肚に溜まったストレスを吐き出す方法はただひとつ。

呼吸です。

===========================

 

呼吸は「息」と言い変えることもできます。

日本語は面白いもので

「息」とは「自ら」の「心」と書きますよね。

 

息遣いが自分の心遣いを

つまり感情をコントロールするのです。

どんなに外的なストレスが身体に降りかかっても

息遣いさえ乱れなければ害になることはありません。

 

そして息が通り、身体に滞りがなくなれば

自然と姿勢は良くなります。

 

もうひとつ言っておくと

姿勢とは見た目の姿勢だけを表すのではなく

「何かに取り組む姿勢」や「打ち込む姿勢」など

内面の在り方を指して使われることもありますよね。

 

面白いもので心の在り方である姿勢も

見た目の姿勢に表れます。

何かに取り組む姿勢や打ち込む姿勢が悪い人は

見た目の姿勢も悪くなっているのです。

 

つまり

正しい姿勢

正しい呼吸

というのは

決して目に見えるものだけではなく

目に見えない部分の表れでもあるのです。

 

===========================

そういったわけで

当院では姿勢と呼吸を身体の不具合の主な原因と捉え

対処しています。

===========================

 

詳しく知りたい方は是非ご連絡ください。

 

==========================

日吉の鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング

神奈川県横浜市港北区日吉2-8-3シティタカセ101

TEL:050-1516-2156

ホームページ:http://www.t1c.jp

facebook:http://www.facebook.com/t1conditioning1

口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2919224/

==========================

 

 

 

 

院長紹介

田口院長

院長名:田口 裕之
誕生日:1973年8月19日
出身地:横浜市港北区日吉
居住地:横浜市港北区日吉
  趣味  :水泳・入浴

       走ること(長距離)
家族構成:愛妻・愛娘
血液型:B型
好きな言葉:情熱
取得資格:鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧師
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
公益財団法人 日本水泳連盟 医科学委員会・医事部連携組織

日本水泳トレーナー会議 会員

 

 

T-1コンディショニング

鍼灸整体マッサージ治療院

T-1コンディショニング

〒223-0061

神奈川県横浜市港北区

日吉2-8-3 シティタカセ101

アクセスMAP

 

診療時間

火~金:9:00~20:00

土:9:00~19:00

日・祝日:9:00~12:00

休診日

毎週月曜日