カテゴリー別

ジャンパー膝(膝蓋腱炎・膝蓋靭帯炎)

◎ジャンパー膝とは?

 

ジャンパー膝とは、

その名の通りバスケットボールやバレーボールなどの

ジャンプ動作や着地動作を繰り返し行うことで誘発する

膝蓋骨(膝のお皿)周囲の炎症や痛みのことです。

 

膝蓋腱や膝蓋靭帯と呼ばれる膝蓋骨の下にある腱に炎症を起こすことが多いため、

正式な疾患名は『膝蓋腱炎』や『膝蓋靭帯炎』と呼ばれます。

 

特に10代の男性に多く発症します。

 

◎ジャンパー膝の出やすい部位

 

ジャンパー膝の好発部位は3か所。

①膝蓋骨下縁の膝蓋腱付着部。この部位が最も発症しやすい部位です。

②膝蓋骨上縁の大腿四頭筋腱付着部。

③膝蓋腱中央から脛骨(すねの骨)の膝蓋腱付着部。

 

大腿部にある大腿四頭筋の腱が膝蓋骨(膝のお皿)を介して膝蓋腱となり、

脛骨に付着します。

 

ジャンパー膝の出やすい部位はこれらの腱が付着する部分のいずれかということです。

 

◎ジャンパー膝の原因

 

ジャンパー膝の原因はバスケットボールやバレーボールなどの競技で、

ジャンプやダッシュなどの動作を繰り返すことにより患部に負荷がかかり

誘発されると考えられます。

 

これは骨の成長に対して

大腿四頭筋と呼ばれる太もも前面の筋肉の発育が追い付かず、

大腿四頭筋が腱を介して付着する膝蓋骨や膝蓋腱、

脛骨に牽引の負荷がかかり炎症を起こすためです。

 

また、高頻度のジャンプ動作や着地動作により

大腿四頭筋の柔軟性が失われることも誘発原因のひとつになります。

 

◎ジャンパー膝に対する一般的な対処法

 

一般的な対処としては、まず運動を休止し、炎症緩和対策(RICE処置)、

バンドの装着、大腿四頭筋・ハムストリングスのストレッチなどを行います。

 

RICE処置とは以下の通りです。

・R=Rest(安静)

・I=Ice(冷却)

・C=Compression(圧迫)

・E=Elevation(挙上)

 

◎ジャンパー膝に対する当院の考え方

 

まずはじめに、強い症状がみられる場合や長い期間症状を抱えている場合は

専門医への受診をおすすめします。

 

その上で改善があまり見られない場合や

同じような症状を繰り返している場合はご相談ください。

 

ジャンパー膝は上記の通り

一般的にはジャンプや着地などの動作が原因と考えられています。

 

ですが、同じ強度で同じ運動を繰り返し行っていても、

症状が出る人と出ない人がいます。

 

あるいは症状が出る人でも片脚には出るがもう一方の脚には出ない。

もしくは両脚に出るが、片方の症状がより強いなどの偏りが多く出ます。

 

この差はなぜ出るのでしょう?

実はここに症状改善のヒントがあります。

 

簡単に言うと、身体の使い方が適切であれば

仮に繰り返し激しい動作を行っていたとしても症状は表れません。

 

つまりこの症状の根本的な原因は

身体の使い方にあるということです。

 

例えば、姿勢の崩れによる骨盤の傾斜の異常や

重心のズレなどが下肢の異常運動を生むことにより、

症状につながるのことが多いのです。

 

姿勢の崩れには呼吸の浅さが関わっています。

 

さらに言えば、呼吸が浅くなる背景には何かに対する不安感や恐怖心があり、

その心理状態が決まった筋肉に依存した動作を生み、

その動作を癖にしてしまうことが多いのです。

 

したがって呼吸の浅さや姿勢の崩れの改善を通して

どこかに依存した動作の癖を改善しない限り、

根本的な解決にはつながらないということです。

 

「ジャンパー膝が本当に呼吸で治るの?」と思う方も多いと思います。

ですが経験上、ジャンパー膝を含めたスポーツ障害を起こす方の多くは、

何かに対する焦燥感や不安感、恐怖心を持っています。

 

◎ジャンパー膝に対する当院の施術

 

当院の施術ではまず息を詰めていること、

歯を食いしばって動く瞬間があること、

決まった筋肉を緊張させて動いている瞬間があることに

気付いていただきます。

 

気付いた上で詰めた息を吐き出し、

依存し過緊張している筋肉を緩和させ、

縮んだ姿勢を伸ばし、重心を整え動作を改善していきます。

 

その上で必要に応じ、

残った筋肉の緊張緩和や骨格矯正などを行います。

 

つまり当院の施術では、

基本的には患者さん自身が自分の身体の問題に気付き、

自分でその問題の解決方法を身につけていただくことを目的としています。

 

詳しくはこちら、もしくはこちらをご参照ください。

 

施術の流れについてはこちら

 

==========================

日吉の鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング

神奈川県横浜市港北区日吉2-8-3シティタカセ101

TEL:050-1516-2156

ホームページ:http://www.t1c.jp

facebook:http://www.facebook.com/t1conditioning1

口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2919224/

==========================

院長紹介

田口院長

院長名:田口 裕之
誕生日:1973年8月19日
出身地:横浜市港北区日吉
居住地:横浜市港北区日吉
  趣味  :水泳・入浴

       走ること(長距離)
家族構成:愛妻・愛娘
血液型:B型
好きな言葉:情熱
取得資格:鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧師
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
公益財団法人 日本水泳連盟 医科学委員会・医事部連携組織

日本水泳トレーナー会議 会員

 

 

T-1コンディショニング

鍼灸整体マッサージ治療院

T-1コンディショニング

〒223-0061

神奈川県横浜市港北区

日吉2-8-3 シティタカセ101

アクセスMAP

 

診療時間

火~金:9:00~20:00

土:9:00~19:00

日・祝日:9:00~12:00

休診日

毎週月曜日