カテゴリー別

股関節のFAI

◎FAIとは?

FAIとは、Femoroacetabular impingementの略で、日本語では『大腿臼蓋インピンジメント』と訳します。

股関節で起こる障害で、股関節を形成する大腿骨(太ももの骨)と臼蓋(骨盤側の受け皿)との間に関節唇や軟骨が挟まれる(インピンジメント)ことをいいます。症状としては、お腹側に股関節を曲げてきた時に出る鼠径部の痛みがあります。鼠径部で何らかの軟部組織を股関節が挟み込んでいるためです。放っておくと変形性股関節症に進行することもあります。

FAIには3つのタイプがあります。

①カムタイプ:大腿骨側に隆起などの形態異常があるタイプ。

②ピンサータイプ:臼蓋側に骨棘や形態異常があるタイプ。

③①と②が合わさったタイプ。

 

FAIの原因として、スポーツなどでの股関節の深い曲げ伸ばし動作を繰り返すことによる股関節構成組織の肥厚があげられます。また、ペルテス病や大腿骨頭すべり症などの病気や形態異常が原因になるものもあります。

 

◎FAIに対する当院の施術

はじめに、当院の施術では形態に異常がある骨を元に戻すことはできません。ただし、変形した骨や関節にも正しい関節軸というものが存在します。その関節軸上で動作が行えるよう誘導し、、痛みや可動域の制限を解消することが当院の施術の目的です。

また、症状があまりに強かったり長期間抱えていたりする場合、専門医への受診をおすすめします。その上で症状に変化がない場合や、手術を勧められたが出来れば受けたくないなどの場合はご連絡ください。

FAIが発症する背景には、悪い姿勢や間違った身体の使い方があります。股関節で言うと、お尻にある大殿筋という筋肉の働きが低下し、大腿骨を後ろに引っ張る力が弱まることで鼠径部での挟み込みが起こると考えられます。この大殿筋の働きが低下する原因が、姿勢や身体の使い方の問題になります。具体的には腰が反り過ぎた姿勢や重心の異常による股関節の前側の筋肉の過緊張などです。

一般的には過緊張した筋肉をほぐしたり、弱くなった大殿筋を鍛えて機能を改善したりすることがFAIに対する整体院や治療院での施術になるのでしょうか。ですが、それでは股関節だけをみているにすぎません。症状が出ているのは股関節でも、原因自体は股関節にあることは少ないのです。である以上、股関節に対しての施術のみで終わるというのは対症療法でしかありません。

もちろん股関節周囲の環境を改善させることは必要ですが、それがメインではありません。根本的な原因は悪い姿勢や間違った身体の使い方にあり、更にそれを引き起こす原因は浅くなった呼吸にあります。もっと言うと、不安や恐怖などの感情により、呼吸は浅くなります。

したがって当院の施術ではまず、吐き出せず浅くなった息を吐き出してもらいます。詰まった息を吐き出してもらうことで、踏ん張っていた力や歯の食いしばりが緩まり、不安感や恐怖心も和らいできます。そして縮こまっていた身体が伸び、姿勢や重心位置が正され、偏っていた身体の使い方も改善されます。その上で必要に応じ、筋肉の緊張緩和や関節や骨格の軸修正を行い、更に安定性を高めていきます。

詳しくはこちら、もしくはこちらをご参照ください。

 

施術の流れについてはこちら

 

==========================

日吉の鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング

神奈川県横浜市港北区日吉2-8-3シティタカセ101

TEL:050-1516-2156

ホームページ:http://www.t1c.jp

facebook:http://www.facebook.com/t1conditioning1

口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2919224/

==========================

院長紹介

田口院長

院長名:田口 裕之
誕生日:1973年8月19日
出身地:横浜市港北区日吉
居住地:横浜市港北区日吉
  趣味  :水泳・入浴

       走ること(長距離)
家族構成:愛妻・愛娘
血液型:B型
好きな言葉:情熱
取得資格:鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧師
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
公益財団法人 日本水泳連盟 医科学委員会・医事部連携組織

日本水泳トレーナー会議 会員

 

 

T-1コンディショニング

鍼灸整体マッサージ治療院

T-1コンディショニング

〒223-0061

神奈川県横浜市港北区

日吉2-8-3 シティタカセ101

アクセスMAP

 

診療時間

火~金:9:00~20:00

土:9:00~19:00

日・祝日:9:00~12:00

休診日

毎週月曜日